ビューティーオープナーで妊娠中や授乳中のスキンケアをしてもOK?

ビューティーオープナーは妊娠中や授乳中の肌ケアに活用しても問題ない?

【最新情報】

 

在庫僅少のため、ビューティーオープナーの定期キャンペーンが終了間近です。

 

プレゼント付きでお試ししたい人は急いで!

 

>>すぐに初回65%OFFの公式キャンペーンを見る

 

 

結論から言うと、ビューティーオープナーは、口から摂取する薬やサプリメントなどとは違い肌につけるものなので、妊娠中や授乳中でも問題なく使用できます

 

妊娠中や授乳中は、いつもよりいろいろと心配になってしまう方も多いですよね。

 

赤ちゃんに影響があったりしないかなどの不安な面だけでなく、妊娠中や授乳中は体質が変わったり、肌荒れしやすくなったりして、試してみたいと思っても躊躇してしまいます。

 

そこで、安心して使う為にも、販売元であるオージオに問い合わせをして確認をしてみました。

 

ビューティーオープナーは、合成着色料や合成香料などといった添加物は使用していませんし、国際規格を取得した工事で造られていますから、品質に関しても安心であると言えます。

 

使用してみて、万が一お肌に合わなかったり、効果を感じないというような場合には、定期コースを一時休止することもできるそうなので、安心して試せますよね。

 

ビューティーオープナーで心配な成分はある?

 

ビューティーオープナーには、副作用のおそれがある医薬品のような強い効果のある成分は含まれていません。

 

ビューティーオープナーに配合されている成分のほとんどが刺激の少ない美容成分なので、お肌に優しい美容液であると言えます。

 

敢えて気になる成分を挙げるとすると、「カンゾウ根エキス」「BG」「ペンチレングリコール」です。

 

「カンゾウ根エキス」は、ベビーローションなどにも使われており、敏感肌の赤ちゃんにも使用できるほど安心できる成分です。

 

しかし、「内服」する場合には、過剰摂取により副作用が発生する可能性があると言われています。

 

ビューティーオープナーやベビーローションのようなお肌につける「外用」であれば副作用などの心配はまずありません。

 

「BG」と「ペンチレングリコール」は、その高い保水性から、お肌をしっかりと保湿してくれる効果が期待できる成分です。

 

この2つの成分は、多価アルコール類に属している化学合成物ですが、パラベンなどの毒性の強いものとは異なり、気にするような毒性はほとんどありません。

 

極度の敏感肌の方には赤みなどが生じる可能性はゼロではありませんが、さほど心配する成分ではありません。

 

今まで化粧品などでお肌に赤みなど何らかの影響が出た事のある方は、ビューティーオープナーを使用するにあたり、安心の為にも一度パッチテストをしてから使う事をおすすめします。

 

心配な方は、オージオの美容相談に問い合わせをしてみてください。

 

まずは公式店舗のチェックから。

 

ビューティーオープナーは妊娠中や授乳中の女性でも安心して使える卵殻膜美容液です。

 

次のページでは、押さえておきたいビューティーオープナーの悪評についても紹介していますので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

 

.