卵殻膜の効果効能がスゴイ3つの理由とは?※成分からまとめました

卵殻膜の効果効能のポイントは3つ!※成分からわかるスゴイ効き目

卵殻膜

 

卵殻膜がどんな効果効能を持っているか、調べていませんか?

 

ここでは、卵殻膜が持つ効果効能の中でも、次の3つのポイントに的を絞って、詳しくまとめていきます。

 

@18種類のアミノ酸が自然に含まれている

 

Aシスチンが豊富に含まれている

 

B3型コラーゲンを補う

 

@18種類のアミノ酸が自然に含まれている

 

卵殻膜の主な成分は「タンパク質」なのですが、この中に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸、そして人の髪や肌にとても近いとされる18種類のアミノ酸が自然に含まれているのが、卵殻膜の優れている点です。

 

その他、プロテオグリカンやシアル酸、デスモシン、イソデスモシンなど、美肌効果の高い成分を含んでいるので、弾力のあるみずみずしい肌を作ることができるんです。

 

Aシスチンが豊富に含まれている

 

「シスチン」には、肌や髪を美しく保つ効果があります。

 

シスチンは卵殻膜に入っている18種類のアミノ酸のうちの1つなのですが、卵殻膜は人の肌に含まれるシスチンの5倍以上もの量を含んでいるんです。

 

食品でも、例えば大豆や小麦などのタンパク質の中に多くシスチンが含まれているのですが、卵殻膜に含まれるシスチンの量はこれらとは比べ物にならないほど多いのです。

 

このシスチンは、体内で「L-システイン」という成分に変化するのですが、シミやそばかす対策の化粧品にもL-システインが入っているので、聞いたことのある人も多いでしょう。

 

 

B3型コラーゲンを補う

 

「3型コラーゲン」は赤ちゃんの肌にたくさん入っているのですが、それと深い関わりがあります。

 

人の肌は、1型コラーゲンと3型コラーゲンでその7割ほどが構成されています。

 

このうち、赤ちゃんの肌にたっぷりと含まれている3型コラーゲンには、肌の弾力を持続する効果があり、「柔軟性コラーゲン」と呼ばれたりもしています。

 

てすが、この3型コラーゲンは、25歳頃から少しずつ減少していき、食材やコラーゲンのサプリでも摂ることができない大切な成分なんです。

 

よく使われる「お肌の曲がり角」とは正にこの時期のことで、3型コラーゲンの減少により肌質が少しずつ硬化し、皮膚にたるみが出始め、更には弾力まで失われていってしまうのです。

 

しかし最近行われた研究により、卵殻膜には年齢を重ねるにつれ減少していく「3型コラーゲン」を補う効果があるということが分かりました。

 

卵殻膜はとても画期的な成分であり、美肌や美髪を保ち、加えて健康面でも良い影響を与えてくれるのです。

 

卵殻膜とはそもそも何?

 

卵の殻の内側にある薄い膜のことを、卵殻膜と言います。

 

親鳥から産み落とされた卵が親鳥から直接栄養をもらうことなく、卵の中でひなの身体を作り、羽毛をつけ、そして殻を突き破って外に飛び出してくる、卵殻膜はそこまでの成長をさせる凄く不思議な力を持っているのです。

 

お相撲さんは今でも、稽古でできた傷の傷口に卵殻膜を貼って治しているそうです。

 

おばあちゃんの知恵袋のように、卵殻膜も生活の知恵として古くから使われてきたそうです。

 

卵殻膜の研究者へのインタビュー!

 

卵殻膜研究の第一人者である、東大名誉教授の跡見順子先生のインタビュー記事を載せておきますね。

 

卵殻膜の研究を思い立ったきっかけは?

 

研究チームのリーダーから卵殻膜という素材があるということを聞いて、すぐに「これはいけそう!」って思えたんです。

 

卵の中からヒヨコが生まれ出てくるという事実、それに、以前から生活の知恵として使われてきているので、伝承されてきただけのパワーを秘めた素材だという確信がありました。

 

研究者としてはもちろん、いち女性としても、すごく運命的な出会いだったと感じています。

 

いちユーザーとしての卵殻膜商品の使い心地は?

 

もちろん私自身も卵殻膜商品を愛用していて、スキンケアからサプリメントまで、幅広く使っています。

 

もはや、卵殻膜が生活の一部になっていますね。

 

効果も日々、実感できているので、いち女性として、キレイな自分でいられる喜びがあります。

 

また、卵殻膜の研究が進むにつれて、女性すべてに使ってほしい素材という願いが強くなっています。

 

この願いを実現していくためにも、研究実績をさらに深めていって、科学的なアプローチで卵殻膜という素材の優秀さを証明していくことが、私のなすべき仕事だと考えています。

 

これからの卵殻膜研究の方向性は?

 

これまでの研究結果を基にして、次の段階の研究を進めているところです。

 

私も、今後の研究にもわくわくして取り組んでいます。

 

さらに画期的な研究成果が得られる可能性も十分にありますので、期待していただければと思っています。

 

30代からの肌悩みに、卵殻膜美容液を。

 

以上の通り、卵殻膜は古来より日本人の暮らしに活かされてきた素材です。

 

そんな卵殻膜エキスを95%も配合した卵殻膜美容液が、いま話題のビューティーオープナー。

 

1滴だけでも肌につけると、速攻で浸透してうるおってくれますよ。

 

次のページに私の体験レビューも載せていますので、よかったら見てみてくださいね。

 

 

.