乾燥ニキビができる仕組みを徹底研究!※ケアの2つのポイントも解説

乾燥ニキビができる理由とは?※効果的なケア方法もまとめてみました

乾燥 ニキビ

 

顔が乾燥するとニキビが出来やすいので、注意が必要です。

 

ここでは、顔が乾燥している時にニキビが出来る仕組みや、ニキビのケア方法を紹介していきます。

 

乾燥によりニキビができる仕組み

 

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するので、様々な肌トラブルが起こりやすくなります

 

肌のバリア機能は、水分の蒸発を抑制したり、外部からの刺激から肌を守ったりする働きがあります。

 

が、その機能が低下するので、少しの刺激に対しても肌がヒリヒリして赤み、痒みが出てしまいます。

 

そして、肌のバリア機能の低下が大人ニキビの原因に繋がります。

 

健康な肌だと肌表面にある角層の細胞が潤っているので、セラミドといった細胞間脂質などの成分が角層細胞の隙間を埋めているため、水分の蒸発と外部からの刺激を防いでくれます。

 

しかし、肌が乾燥することでバリア機能が低下し、水分が不足している角層細胞が増加するので、毛穴が塞がってしまいます。

 

ですので、皮脂が少なくても大人ニキビが出来てしまうということになるんですね。

 

乾燥ニキビ対策は保湿

 

ニキビをケアする方法として毛穴、皮脂のケアを真っ先に思い浮かべると思いますが、乾燥が原因でニキビができる場合はそれは該当しません。

 

保湿を行い肌に潤いをしっかりと与えることにより、乾燥ニキビの改善が目指せます。

 

大事なことは肌への刺激が少なく、保湿効果が高いスキンケア用品を選択することです。

 

肌への負担が少ない商品でケアを行いニキビが悪化するのを防ぎ、さらにきちんと保湿することで、ニキビを改善することが出来ます。

 

また肌に潤いが戻れば肌のターンオーバーが正常化されるので、既に出来てしまったニキビを治すことに繋がります。

 

肌に優しい洗顔をする

 

肌に優しい保湿ケアをする上で重要なのが、肌への負担が少ない洗顔をすることです。

 

肌に不要な水分、皮脂を除去して乾燥が進行するのを予防できます。

 

洗浄力が強い商品は使用せずに、40度くらいのぬるま湯で洗うのがポイントです。

 

泡をしっかり使い顔を包み込むイメージで優しく洗顔して下さい。

 

洗顔後は顔をタオルで優しく押さえて水分を拭き取り、素早く保湿ケアを行うようにしましょう。

 

乾燥ニキビのケアには卵殻膜商品が最適

 

乾燥が原因の大人ニキビの対策には卵殻膜が配合されたアイテムがお勧めです。

 

卵殻膜はベビーコラーゲンとも呼ばれていて、高い保湿効果がある3型コラーゲンを補給することが出来るので、赤ん坊のようなピュアな肌を目指せます。

 

私は卵殻膜美容液のビューティーオープナーを使用して日々のスキンケアを行っていますが、塗った直後に浸透してくれて、しかもブースター効果もすごく高いんです。

 

次のページには私の体験レビューも記載してあるので、よかったらチェックしてみて下さいね。

 

 

.